TIPS 2017.02.07 【滞在期間別】海外出張に弾丸海外旅行、ネット環境のつくり方

急に決まった週末弾丸海外旅行。準備の時間が少ないなかで海外出張。必要な準備はいろいろとありますが、旅先でのネット環境整備も、快適に旅程を終えるための大切な要素です。

今回は海外でのネット環境の確保について、滞在期間別に最適なサービスをご紹介します。

【日帰り弾丸旅行・出張なら】携帯キャリアの海外プランでインターネット

宿泊もせず日帰り、または機内泊での弾丸旅行時におすすめなのが、現在日本で契約している携帯キャリアの海外パケホーダイプラン。このサービスの魅力はなんといっても手続きが簡単なこと。国内の大手キャリアなら、申し込みさえ不要な場合がほとんどです(国内向けパケット定額サービスに加入している、など条件がある場合もあり)。

デメリットとしては他よりも料金が高い(1日2,000~3,000円程度)こと。長期での出張の際には使いづらいかもしれません。しかしながら、契約や空港での機器の受取など、手続きが必要な他のサービスと比べると、時間がかからないスマートさがあります。

【1泊〜1週間で海外、なら】ポケットWi-Fiでインターネット

短期でかつ宿泊を伴う時におすすめなのが、出国前に空港などで入手できるポケットWi-Fiです。こちらはその名のとおり、ポケットに入るサイズの持ち運びWi-Fiルーターのため、フリーWi-Fiなどが通っていない場所でもネットにつなぐことができます。

このサービスの魅力は、料金的にはそう高くない(エリアやプランによるが1日500〜1,700円程度)ことと、同時にいくつかのデバイスをネットに接続させることができること。例えば3人で出張に行った場合は、1台のポケットWi-Fiで同時に3人分のパソコンや携帯電話をネットにつなぐことができます。3人で1台の機器を共有するわけですから、料金的にもお得ですね!

ex)グローバルWi-Fi

【上級編】SIMロックフリー端末とフリーWi-Fiでインターネット

番外編として、筆者が短期の出張の際によく使う組み合わせをご紹介。場合によってはポケットWi-Fiをレンタルするより安くすませられるかもしれません。それは、SIMロックフリーのスマホに現地で契約したプリペイドSIMを入れて使用する(電話番号も取得)、という方法。プリペイドSIMは、渡航先の空港やショッピングセンターなどで入手することができます。

国やプランで大きく変わるため一概にはいえませんが、経験上3日以上の滞在だとポケットWi-Fiより安い印象なので、渡航先が決まったらぜひ料金をしらべてみてください。

この場合、パソコンを使った簡単な作業は公共のフリーWi-Fiを使っています。フリーWi-Fiはセキュリティーに難がありますが、そんな時にはスマホをルーター代わりにする「テザリング」の機能を使うという手もあります。

ただしこの方法には、前提としてSIMロックフリーの端末を持っている必要があることや、その国で提供されているサービスの把握など、どうしても手間がかかってしまいます。渡航前にしっかり準備を整えてから臨みましょう。

TEXT:Orange株式会社
Image via.  Goodshoot

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ