ネットのギモン・お悩み

2019.10.17 お得!PS Plusのフリープレイ。メリット、加入方法、支払い方法まで

PlayStationの有料会員サービスである「PS Plus」。このPS Plus内のフリープレイはゲーマーならぜひ利用したいサービスです。市販されているPS4タイトルのダウンロード版を無料で遊べるフリープレイの概要やメリット、お得な利用法を紹介します。

PS Plusのフリープレイとは

PS Plusのフリープレイとは
インターネットネコ

フリープレイは、PS Plus加入者ならば対象タイトルが遊び放題になるというお得なサービスです。

対象タイトルを購入手続きすれば、ダウンロードしてプレイし放題

フリープレイ対象タイトルは毎月更新で、それぞれに配信期間が定められています。しかし、一度購入手続きをしてフリープレイ権を得たタイトルなら、PS Plusに加入している限り、配信期間終了後もプレイ可能です。また、再ダウンロードも可能です。

そのため、PS Plusの加入期間が長ければ長いほど、ユーザーがフリープレイできるタイトルが都度増えていくという特徴があり、かなりお得なサービスと言えるでしょう。

PS Plus加入期間内なら、対象タイトルの購入手続きをすれば、ダウンロード版を回数や時間の制限なしでプレイできます。市販されている製品版と同じ内容をフリープレイではプレイすることができ、再ダウンロードにも制限がありません。これだけで数千円の価値があると言ってもいいでしょう。

PS Plusに加入中のアカウントと同じPS4を使っていれば、未加入のアカウントでもフリープレイできるので、家族で本体を共有している場合にはさらにお得となります。

対象タイトルが毎月追加

フリープレイの対象タイトルは、毎月更新。人気タイトルを含んだPS4ソフトから選ばれているため、遊びたかったソフトが追加される可能性もあります。

ラインナップの確認方法

ラインナップの確認方法

フリープレイ対象タイトルは、スマホやパソコンの場合、PS Plusのサイトにアクセスし「フリープレイ」欄で確認することができます。

Ps Plusに加入していればログインしてこの画面からフリープレイ権の獲得も可能です。対象タイトルをカートに入れ、合計金額が0円になっていることを確認して購入処理を行いましょう。すぐにプレイするのであればダウンロードし、すぐにプレイするのでなければ、あとからでも大丈夫です。

また、PS4の場合、ラインナップは、ホーム画面上PS Plusのアイコンから確認できます。

PS Plus利用権の種類

フリープレイを利用するためのPS Plus利用権は、有効期限ごと3種類に分かれています。

・12ヶ月利用権
5143円(税込)

・3ヶ月利用権
2150円(税込)

・1ヶ月利用権
850円(税込)

それぞれ12ヶ月、3ヶ月、1ヶ月の順にお得な金額として設定されています。

PS Plus利用権の購入方法

PS Plus利用権の支払い方法

PS Plusの利用権獲の購入には、次の3種類のパターンがあります。

①PS Storeで利用権を購入する

ゲーム機もしくはWeb版のPS Storeで利用権を購入します。どちらの場合も、SEN(Sony Entertainment Network)アカウントのウォレットに残高をチャージし、そこから支払います。支払いはPSN上の財布である「ウォレット」からの支払いのみとなります。しかし、チャージ方法にはいくつかの方法があるため、クレジットカードやPayPal、現金などを自由に選ぶことができます。

・クレジットカード
ウォレットへのチャージはクレジットカードで決済できます。

・PayPal
ウォレットへのチャージはPayPal™を利用して行えます。

・キャリア決済
ドコモ ケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いが利用できます。

・楽天Edy
楽天Edy株式会社が運営するプリペイド型電子マネーである楽天Edyを利用できますが、別売の非接触ICカードリーダ/ライタ PaSoRi(パソリ)が必要となります。

②Amazonで利用権を購入する

プレイステーションネットワークカード、プレイステーション ストアカードを購入し、12桁のコード番号を発行することでウォレットにチャージすることができます。1,100円、3,000円、5,000円、10,000円の4種類があります。

他には、PS Plus への加入や利用期間の更新が行えるプレイステーション プラスカードを利用する方法もあります。プレイステーション プラスカード には、3ヶ月利用権(1,337円)、12ヶ月利用権(5,143円)の2種類があります。

③店舗で利用権を購入する

プレイステーションネットワークカード、プレイステーション ストアカードは同様にコンビニなどの店頭で購入することもできます。

PS Plusの加入期間が切れたら

PS Plusの加入期間が切れたら

PS Plusには利用期間が設定されています。もしその利用期間が失効した場合、購入手続きしたフリープレイのゲームはどうなるのでしょうか。

一度購入手続きすれば、再加入後にプレイ&再ダウンロード可能

PS Plusは一度有効期限が切れても、再加入することで利用権を獲得したタイトルのフリープレイ権が復活します。そのため遊びたいときにだけ加入するといった利用法も可能です。

加入期間が切れてもセーブデータは半年保存

PS Plus利用権失効後も、半年はオンラインストレージにセーブデータが保存されています。半年以内に再加入しないと消えてしまうので、注意が必要です。

注意点

お得なPS Plusですが、注意しておきたいポイントも存在します。

加入していない期間に配信されたゲームはプレイできない

PS Plusに加入していない期間に配信されたタイトルを遡ってダウンロードすることはできません。

ゲーム機のPS StoreとWeb版のPS Storeでできることが異なる

PS Plusに加入する一番スタンダードな方法が、PlayStation Storeで利用権を購入する方法です。ゲーム機から直接購入でき、1ヶ月利用権を購入できるのはこの方法のみですので、注意が必要です。

また、PCとスマホで利用可能なWeb版PS Storeの場合、フリープレイなどのダウンロード権を一括で購入済みにすることができます。PS4からの購入手続きする場合、フリータイトル対象ゲームをひとつずつしかダウンロードできません。それに対してWeb版の場合、一括で10タイトルまで購入手続きを行えます。フリープレイで配信されたゲームは、Web版のPS Storeでの購入手続きがオススメです。

TEXT:PreBell編集部
PHOTO:Thinkstock / Getty Images

So-net(ソネット)|ネットワークを届ける。感動が生まれる。|

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ