ネットの最新トレンド

2021.02.18 「最強のデュエリスト」を目指すデジタル上の熱きカードバトル……!シャドウバースのeスポーツシーンの魅力とは【にわか歓迎!eスポーツ応援部】

最近日本でも話題となっているeスポーツ。世界競技人口は1億3,000万人、世界市場規模は1,400億円を超えています。「ゲームはよくやるけど、eスポーツへの興味はあんまり……」という人もいるかもしれませんが、かつて私たちが熱中したゲームもeスポーツの種目になっているのはご存知でしたか?例えばストリートファイターやウイイレ、グランツーリスモやパズドラなど。

そこでPreBellでは、まだeスポーツのことをよく知らない、いわゆる“にわか”な人でも楽しめるゲームタイトルを紹介!今回は、テレビアニメ化もされている大人気カードゲーム『Shadowverse(シャドウバース)』のeスポーツの魅力に迫ります。

シャドウバースってそもそも何?

シャドウバースってそもそも何?© Cygames, Inc.

2,000種を超える美しいデザインのキャラクターカードを駆使して、世界中の人と奥深いカードバトルが楽しめる……! 累計ダウンロード数2,200万超えの日本を代表するデジタルトレーディングカードゲーム、それが『Shadowverse(シャドウバース)』(通称“シャドバ”)です。

カードゲームと言えば、小さい頃『遊戯王』や『デュエル・マスターズ』の対戦に熱中した思い出がある人も多いのでは。おもちゃ屋さんでカードのパックを買ってきて、レアカードが入っていないか期待に胸を躍らせて開封する……といった思い出も蘇ります。

そんなカードゲーム、今ではスマホやPCを使えば課金せずとも無料で遊べます。リアルのカードゲームではデッキを組むハードルが高かったイメージもありますが、シャドウバースではスマホひとつですぐにお気に入りのキャラクターを使って対戦できる点も、人気が広がった理由のひとつでしょう。

シンプル故に多彩な戦い方が可能!世界観・キャラの背景も熱い……!

デジタルの対戦型カードゲームでは他にも「マジック・ザ・ギャザリング」や「ハースストーン」など有名タイトルが存在します。そんな中で、シャドウバースの特長や魅力はどんなところなのでしょうか?

2016年のリリース時からeスポーツ化が見据えられ、世界10カ国で同時配信されたシャドウバース。基本ルールでは40枚のカードでデッキを構成します。プレイヤーはゲーム開始時に20の体力を持ち、攻撃カードで相手の体力を0にすれば勝利! 一見シンプルにも見えるルールですが、対戦ゲームとしての魅力はその競技性の高さや奥深さにあります。

まずポイントとなるのは、2,000枚以上というカード種数の多さ。この中から40枚を選んでデッキを構築するとなると、圧倒的に無限の可能性が……!超攻撃型で攻めまくるも良し、相手をじわじわとハメて倒す嫌らしいデッキでも良しと、プレイヤーの数だけデッキの数があります。そこに加えて、対戦ゲームならではの読み合いや、絶妙のタイミングでデッキから欲しい手札を引く「運」の要素なども数々のドラマを生み出します。

シンプル故に多彩な戦い方が可能!世界観・キャラの背景も熱い……!メインキャラクターそれぞれに存在するストーリーもかなり重厚。愛する者を守るため、失われた記憶を取り戻すため……知ったうえでプレイすると何倍も楽しめるかも。

また、シャドウバースでは世界観やキャラクターの個性が際立っているのも大きな魅力! ゲームに登場する8人のメインキャラクターごとにストーリーが用意されており、自分好みの推しキャラクターを中心にデッキを組んだり対戦できたりするのも、心をつかまれるポイントなのです。

シンプル故に多彩な戦い方が可能!世界観・キャラの背景も熱い……!

「神引き」がドラマを生む……。シャドバのeスポーツの見どころって?

国内最大級のプレイ人口を誇り、オンライン対戦の「ランクマッチ」でデュエリストたちが日々アツい戦いを繰り広げているシャドウバース。様々な大会が開催され、eスポーツシーンも大きく盛り上がっています。

例えば、国内最大級のeスポーツイベント「Rage」の誰でも参加できるシャドウバースの大会では、2020年に「オンライントレーディングカードゲームを同時に同一会場でプレイした最多人数」のギネス世界記録6,086人を達成。また、2017年から開催されてきたシャドバ世界チャンピオンを決める祭典「Shadowverse World Grand Prix」では優勝賞金なんと1.1億円と、賞金額の高さも話題になりました。

プロプレイヤーの活躍も見逃せません。2018年のワールドグランプリでは日本人プレイヤーのふぇぐ選手が優勝! その決勝戦は最後の最後までもつれ合う激アツの展開に。そして最終局面では、試合を決める鍵となるカードをデッキからドローする「神引き」を決め、僅差で激戦をモノにしました。

『【Shadowverse シャドウバース】「Shadowverse University League 20-21 1st Season」シーズンファイナル』
シャドウバースでは大学対抗の大会も行われており、20-21シーズンは北海道の2つの大学が決勝戦を戦った

高校生最強を決める「全国シャドバ選手権」や、名だたる大手企業がスポンサードするチーム対抗のリーグ戦「RAGE Shadowverse Pro League」など、多くの大会で熱戦が巻き起こっています。もしまだシャドバのeスポーツを見たことがなかったなら、ぜひ一度その目で確かめてみてはいかがでしょうか?

まとめ

かつてはお金でカードパックを買ってデッキを揃えるまでが大変だったカードゲーム。しかしスマホやPCで遊べるシャドバではそんなこともありません。ダウンロードしたらお試しデッキを使ってストーリーを進めたりと、ルールがあまり分からなくてもすぐに遊べます。

そして誰でも参加できるeスポーツの大会「Rage」に参加して楽しんだり、腕を磨いて最強のデュエリストを目指す、なんてこともいいかも……。夢が膨らんでしまいます。

TEXT:弥富文次
イラスト:くまみね

本サイトは、Cygamesが提携、推薦、個別承認、スポンサードしたものではありません。本サイトの運営または内容について、Cygamesは責任を負うものではありません。Cygamesの商標およびその他の知的財産の利用は、同社ファンキット利用規約同社ウェブサイトに従っています。

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ