NEWS 2016.08.30 コンテンツ革命を起こすこと間違いなし!”PlayStation VR”を体験してみた

「えっ! えっすごい! 本当に海の中に潜っているみたい!」

2016年はVR(バーチャルリアリティ)元年と言われており、多くの会社から多数のVR視聴用のデバイスがリリースされています。いったいどの製品を選べば最新のコンテンツが楽しめるのか悩んでしまいますが、実は今年10月13日に、大本命が登場するんですよ。

それが”PlayStation VR”(以下PS VR)”PlayStation 4”(以下PS4)のゲームやコンテンツを見るためのVRシステムです。全世界で4,000万台以上も販売しているPS4に接続するデバイスとあって注目度は高く、今までに国内で2回行われた予約受付は即完売状態に。それだけ期待を寄せる人が多いという表れでしょう。

今回は発売前に、少しだけ”PS VR” を体験してみました。実際に試してみると...いや、これはゲーム革命ですね。いやゲームだけではない。コンテンツ革命です。

リアルな体験と快適な使用感

PS VRを装着

“PS VR”を装着すると、視界いっぱいに3DのCGもしくは実写映像が広がります。前後左右上下どの位置に首を振っても見た方向に合わせて景色が移り変わっていきます。目を大きく覆うスコープがついたヘッドセットになっているから、映像以外はまったく見えません。ヘッドホンから聞こえるサウンドも、ちゃんと映像に合わせてその方向から音が聞こえるように調整されており、リアルさを増すのに一役買っています。

アクションゲームは実際に目の前にある銃をつかむことができ、まるで本当に映画の主人公になったかのような気分になります。実写コンテンツで、女優さんが目の前に近づいてくるシーンでは「待って、待って、ちょっと待って!」と本気で尻込みしてしまいました。没入感という言葉を超える、一瞬でコンテンツの世界のなかにワープした感覚にドキドキしっ放しです。

快適な装着性もポイントの1つです。VRヘッドセット本体は軽く重量バランスも優れていて、疲れを感じません。ディスプレイが設置されたスコープ内部は広くスペースが取られ、メガネをかけながら利用しても問題なく、ピントやかぶった時のフィット感も、自分だけで簡単に調整可能です。

「家族と一緒に」「1人で映画館のように」場面に応じた楽しみ方

対戦ゲームの様子

ゲームによってはソーシャルスクリーン機能のミラーリングモードによって、”PS VR”を装着しているプレーヤーが見ているシーンは、同じようにテレビモニターに映し出されます。何を見てどんなリアクションをとっているのか周囲の人が把握できるので、プレーヤー以外の方も一緒にゲームの世界を楽しめます。またセパレートモードに対応したコンテンツでは、VRヘッドセットを装着しているプレーヤーとテレビを見てコントローラーで参加しているプレーヤーが対戦できるゲームもあり、お茶の間でみんなで遊ぶ使い方もできます。

目の前の仮想空間に大迫力のスクリーンが広がるシネマティックモードを使えば、まるでおひとりさま専用映画館の中に入ったような気分にもなれます。PS4にはHuluやNetflixといったストリーミング配信サービスのアプリが提供されている(注:別途申し込みが必要です)ので、高速なインターネット回線と”PS VR”の組み合わせで、映画やドラマ、アニメの視聴がはかどるでしょうね!

今後のVRの可能性について

ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジア 寺本亜紀子さんによると「VRはもっと生活に入り込んでいく可能性があるのでは」とのことです。

「ゲーム好きの方は従来のゲームを超えたコンテンツを求めるでしょうし、これまでゲームに興味がなかった方でも、家でアトラクションさながらの体験ができるのは魅力的だと思います。さらにVRは、例えば不動産物件の内見とか車の運転席からの映像が見られるといった、現実世界とリンクする可能性が高いんですよ」(寺本さん)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジア 寺本亜紀子さん

 

また映像分野での進化も期待が大きいようで「従来はズームアップしたり、カット割りしたりするなど、作り手が見せたい部分を見せることができました。しかし、VRでは見る側に主導権があります。自然に見せたいシーンに誘導する演出や工夫が必要になるなど、映像の撮り方、作り方が変わるのではないでしょうか」(寺本さん)と話します。

個人的には、世界の絶景系コンテンツが欲しいですね! 車やバイクのドライビングゲームで運転スキルを競うコースではなく、ゆっくりと走り抜ける風光明媚なコースが選択できるとか、鉄道の車窓をじっくりと楽しめるコンテンツとか。そういった受動的なコンテンツの価値も、”PS VR”で大きくアップするのでは、と感じます。

ところで、深海に潜っていくコンテンツを体験した日の夜、ダイビングをしている夢を見ました。リアルには体験したことがないのに、です。”PS VR”のインパクトが自分のメンタルにそこまで影響するとは。この衝撃、みなさんにも体験してほしいです!

無料体験会や新たな予約販売のお知らせは、公式サイトで更新されています。こちらもぜひチェックしてください!

 

TEXT:武者良太

PreBellの更新情報をお届けします。

ページトップ