NEWS 2017.12.07 iPhone Xの顔認証を騙すために美大出身者が「ライフマスク」を作ってみた

iPhone Xというものがある。2017年11月に発売された前面が全てディスプレイになっているiPhoneの最新機種で、これまでの指紋認証に代わり顔認証(Face ID)が導入された。iPhoneに登録されている持ち主の顔をiPhoneが認証することでロックが解除される仕組みだ。

発売されてから今日まで、いろいろな人たちがサングラスをかけても解除できてしまうのか、双子なら、寝顔ならどうだ、などと様々な方法で、顔認証機能がどれほど難攻不落のセキュリティなのかと試してきた。

海外企業では3Dマスクを作成して、顔認証を解除するというテストをしたそうだ。そこで今回は、この顔認証を持ち主の顔を石膏でかたどった「ライフマスク」でロックを解除できるのか試してみたいと思う。

顔認証という最強セキュリティ

スマホには持ち主の秘密が詰まっている。写真、LINE、メールなど、見ても誰も幸せにならない秘密が詰まっているのだ。ただ「見てはダメ」と言われると見てみたくなる人もいる。そういう人に見られないためにセキュリティは万全でないとダメなのだ。

今回はiPhone Xです!今回はiPhone Xです!

iPhoneでは今まで指紋認証が採用されていたが、これにはリスクがあった。持ち主が寝ている隙に指をiPhoneに当ててしまえば、第三者でも簡単にロックを解錠することができたのだ。そこで登場したのが今回の顔認証である。

顔を、顔を、
認証することで(このiPhoneXの持ち主です)認証することで(このiPhoneXの持ち主です)
ロックが解除されます!ロックが解除されます!

この顔認証は優れもので、メガネやサングラスをかけていても認証するけれど、寝顔では認証しない。持ち主が無防備な状態(寝ているときなど)では、ロックを解除することができないようになっている。また写真などでもダメだ。iPhoneは顔を立体として感知しているようなのだ。

目をつぶっていると、目をつぶっていると、
ロックは解除されません!ロックは解除されません!

つまりだ。立体的に顔を作り出せばロックが解除できるのではないだろうか。理論上は持ち主の顔を立体で再現できさえすれば、顔認証を突破できるのだ。「立体的な顔」は実は誰でも作ることができる。さらにこれを書いている私は美大出身なので、人の顔を複製するなんて朝飯前、いや、朝起きる前と言ってもいいかもしれない。

いろいろと準備しました!!!いろいろと準備しました!!!

ライフマスクを作る

海外の企業は3Dプリンターを使っていたそうだが、私は誰でも顔型を取ることのできる「ライフマスク」にしたいと思う。美大出身の私にかかればアナログな方法でも本人の顔をライフマスクとして複製することができる。もはや神なのだ。神様と呼んでほしい。まずは顔の型を取るために「かたと〜る」という歯医者で銀歯を作るときに使うようなものをiPhone Xの持ち主にかける。

iPhoneXの持ち主の顔に、iPhoneXの持ち主の顔に、
油粘土で「かたと〜る」がこぼれないようにして、油粘土で「かたと〜る」がこぼれないようにして、
かたと〜るを、(かたと〜るをかけようとしているのが、美大出身の私です)かたと〜るを、(かたと〜るをかけようとしているのが、美大出身の私です)
かける!かける!

ちなみに呼吸ができなくなるので、鼻にストローなどをさして、呼吸ができるようにする。これがポイントだ。じゃないと死ぬから。それと「かたと〜る」がこぼれないように油粘土を顔の周りに巻いたけれど、すっごいこぼれた。神のはずだったけど、こぼれた。

すっごいこぼれているすっごいこぼれている
10分ほど放置したらはがします!10分ほど放置したらはがします!

写真数枚で完成しているけれど、水とかたと〜るの量を間違えたりで、ざっくり2時間ほどかかっている。現場にいるみんなで頑張っちゃったので、失敗した写真はない。成功した写真もえらいこぼれようで失敗に見えるが、型は完成した。型さえできればこっちのものである。なんたって私は美大出身だ。

生き写しのような型が完成しました!生き写しのような型が完成しました!

石膏を流し込む

これでだいたい半分の工程が終わった。次は、この型に石膏を流し込むのだ。石膏なんて今まで使ったことがないけれど、美大出身なので問題ないはず。使ったことはないけど。全てはiPhone Xの顔認証がどれほど強固なものなのかを試すため。我々は明確な目標のもと走っているのだ。

石膏を作り、石膏を作り、
型に流し込んで、型に流し込んで、
放置!放置!

1時間ほどで石膏は固まる。その間、特に我々にできることはない。ここまでで3時間。平日の昼間の3時間にはいろいろあるのだ。数千万円の仕事をまとめる人もいれば、iPhone Xの顔認証を試すためにライフマスクを作る人もいる。世界は広い。

完成しました!そっくり過ぎて自分の才能が怖いです!完成しました!そっくり過ぎて自分の才能が怖いです!

双子がいるのかと思うほどに似ている。ちなみにこの状態でiPhone Xの顔認証を解除できるのか試してみたけれど、全然認識してくれなかった。いくら双子ほど似ていたとしても、やはりこの状態ではダメなのだ。

そして、PreBellの編集者が不安そうな顔をしだしたが、美大出身の私を信じて欲しい。ここからもっと持ち主の顔に近づいていくのだ。頑張ろうではないか。ゴールは近い、きっと。

色を塗って、色を塗って、
写真を切って目を貼れば、写真を切って目を貼れば、
完成!!!!完成!!!!
似ているよね!似ているよね!

顔認証を突破できるのか!

4時間をかけてiPhone Xの持ち主の顔を再現した。立体感もあるし、目力も感じる。完璧だ。iPhone Xのロック解除を試す前に、まずはiPhone Xの持ち主の奥さんに、普段から見慣れた旦那の顔がどれくらい再現できているのか聞いてみたいと思う。

奥さんに感想を聞きました!奥さんに感想を聞きました!

微笑みながら「似てる!」という感想をいただいた。勝ちだ。確実にiPhone Xのセキュリティも本人の顔がそこにあると認識するはずだ。色味とかは若干違う気もするけれど、骨格が完璧に本人なのだ。奥さんは見比べながら「悪くないね」とノロけていた。さぁ、本番だ。勝利が見えた。我々はiPhone Xの顔認証を解除できるのだ。

ライフマスクでロックが解除されます!!!ライフマスクでロックが解除されます!!!
解除されます、、、解除されます、、、
解除されてくれ、、、解除されてくれ、、、

全く解除されなかった。いつまで経ってもロック画面のままだった。びっくりした。私たちの4時間はなんだったのか。もうね、ピクリともiPhone Xは反応しなかった。

もしかすると顔認証を解除するには顔以外にもさまざまな要素が必要なのかもしれない。だってiPhone Xの持ち主の顔は完璧に再現できているのだから。このライフマスクに足りないものがあるとしたら、体温とか顔に生息している微生物とかそういったものだけだ。だってライフマスクとしては完璧なんだから。

ピクリともしないの!ピクリともしないの!

もう笑ってしまった。手元にはiPhone Xとライフマスクがある。iPhone Xが開かないのならば、どれだけ似ていようともこのライフマスクは全く必要ないのだ。本人も「これ、このあとどうしよう」と言っていた。iPhone Xの素晴らしさとライフマスクの作り方だけが分かった記事になった。

謎の記念撮影謎の記念撮影

iPhone Xは開かない!

どうやら顔認証は「3万以上の目に見えないドットを投射、赤外線イメージも取り込んで解析する」らしいが、それ以外にも条件があるのではないかと思う。私が作ったライフマスクは奥さんも「似てる」というぐらいにiPhone Xの持ち主の顔が再現できていたのだ。私は悪くない。絶対に悪くない。あと最初から思っていたけど、iPhone Xに限らず、スマホには個人の秘密がたくさんなので、第三者は絶対に見ない方が幸せだと思います。

ちょっと芸術っぽいよね!(ちなみにこの状態でもiPhone Xの顔認証はダメでした)ちょっと芸術っぽいよね!(ちなみにこの状態でもiPhone Xの顔認証はダメでした)
  1. 自分の死後のデバイスはどうするべきか気になる方には…
    死後、ネットのブクマ見られても大丈夫…?人間の尊厳を守る「デジタル終活」に迫る
  2. iPhoneだけではなく、自宅のセキュリティも高めたい方には…
    カジュアルに地獄。仕事をしなさすぎるのでIoTで自宅を監視される

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ