TIPS 2017.11.07 光回線を無線LAN化(Wi-Fi)して自宅のインターネット利用を快適にする方法

自宅にネット回線を引いたのに有線で使っていませんか? ネット回線を無線化すればスマホやタブレットにもつなげるし家の中でのネット利用がもっと快適に。では、いったいどうすればネット回線を有線だけではなく無線でも使えるようになるのでしょうか。簡単3ステップでネット回線を無線化してしまいましょう!

目次

【STEP1】無線LANルーターを用意する

まずは自宅のルーターが無線LAN機能に対応しているのか確認をしてみましょう。

・自宅のルーターが無線LANに対応している場合

自宅のルーターが無線LANの設定が可能なルーターであれば、記事内の【STEP2】無線LANルーターの設定へ進んでください。

・自宅のルーターが無線LANに対応していない場合

プロバイダにレンタルサービスはないか確認を
自宅のルーターが無線LANに対応していない場合は、契約しているプロバイダが無線LANルーターのレンタルを行っていないか確認してみましょう。例えばauひかりであれば有料オプションとして無線LANルーターのレンタルが可能。NURO光であれば、標準で無線LAN機能に対応しています。

レンタルサービスがない場合は無線LANルーターを購入する
無線LANルーターは、安価なものであれば5000円以下で購入ができますが、その数倍する高価なものもあります。飛ばす電波の種類や、飛ばせる範囲に違いがありますので、ご自宅の環境に合ったものをご購入ください。

【STEP2】無線LANルーターを設定し、Wi-Fiを飛ばす

無線LANルーターを用意したら、いよいよ接続です。設定を始める前に、設定をするためのパソコンと、ネット開通時にプロバイダから封書などで届いているプロバイダ情報(ユーザー名とパスワード)を準備しましょう。

準備ができたら設定を開始します。機器によって違いはありますが、基本的には、付属の説明書の指示に従って設定していけば問題なし。ここでもおおまかに説明します。

  • ①まず無線LANルーターを光回線のルーターに接続し、電源を入れる
  • ②無線LANルーターを設定モードに変更
  • ③パソコンのブラウザ(Internet Explorerや、Google Chromeなど)から無線LANルーターの設定画面にアクセス
  • ④画面に表示された入力項目に、プロバイダから届いた情報を入力すれば設定は完了


万が一うまくいかなくても、焦らず原因を特定しましょう。例えば、これまでのようにパソコンを光回線でネットに接続することができれば無線LANルーターの設定などに問題があるかもしれません。他にもプロバイダからのログイン情報を間違えて入力しているなど、ミスが起こっていないかをひとつずつ確かめてみることが大切です。特に、ログイン情報は似たような英数字の羅列がされている事が多いので、どれが正しいものかわからない場合はプロバイダに問い合わせをしてみてもよいでしょう。

【STEP3】対応機器から、Wi-Fiに接続する

無線LANルーターの設定が完了したら、いよいよ機器との接続です。スマートフォンやタブレット、ゲーム機のネットワーク設定機能、Wi-Fi(無線LAN)接続機能を呼び出し、必要な情報を入力します。

接続に必要な情報であるSSID(無線LANの名前)とパスワードは、無線LANルーター本体に記載されています。無線LANルーターの側面や底面にあるSSIDとパスワードを接続したいデバイスに入力しましょう。これまで有線で接続していたパソコンも、同じく設定を行えば、以降は無線LAN経由で使用することができます。

ちなみに、SSIDは任意のものに設定できるので、よりわかりやすいもの、愛着を持てる名前に変えるのもいいですね。ただし、セキュリティの観点から、パスワードは英数字を使うなど、他人から予測しづらいものを設定することをオススメします。

さらに手軽に接続する方法も。無線LANルーターが「WPS」「AOSS」といった自動設定機能をもっていれば、SSIDを打ち込まなくても、ボタンひとつ押すだけで無線LAN接続を完了することができる場合があるんです(デバイスによって別途設定が必要な場合あり)。

Wi-Fi接続の注意点「パスワードの管理は厳重に」

便利で快適な無線LAN接続ですが、自宅のネットワークを見えない電波に載せて飛ばしているので、リスクもあります。

SSIDとパスワードさえわかれば誰でもご自宅のネットワークに侵入できてしまうので、SSIDとパスワードを、他人の目につくところに大きく貼り出すようなことはオススメしません。また、SSIDがYamadawifi、パスワードがyamadawifipassなどといった、任意で設定したSSIDとパスワードが似通ったものになっている状態も非常に危険です。面倒でも、英数字・英語の大文字・小文字を混合するなど、他人が推測しずらいものを設定しておくことで、セキュリティレベルはグッと上昇します。

無線LANで、より快適なネット生活を!

無線LANルーターの導入は意外と安価かつ簡単にできます。光回線を引いているご家庭なら設定して損はないので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください!

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ