FEATURE 2018.04.12 “最強の”バーチャルYouTuber輝夜月インタビュー! 視聴者のみんなをプロデュースしたいという野望を明かす

動画配信サイトYouTubeを使って、世界に動画を配信する人たちのことを「YouTuber」と呼びますが、最近はVRアバターを用いたYouTuber「バーチャルYoutuber」が話題になっています。今回は特別にアポイントに成功し、今最も勢いのあるといわれるバーチャルYoutuber「輝夜月(かぐやるな)」さんにお話を聞くことが出来ました。

小・中学生のなりたい職業にもランクインし、トップランカーともなれば億単位の収入もある職業、「YouTuber」。日々話題に事欠かせない「好きなことで、生きていく」世界の中に、最近また新たな風が吹き込まれていることをご存知でしょうか。

バーチャルの世界からやってきた黒船。その名も「バーチャルYouTuber」です。2017年末から一気にブレイクをし始め、今ではYouTube上に数百人のバーチャルYouTuberがいるとのこと。

YouTuber情勢に疎い筆者は最近初めてその存在を知ったのですが、一度見たら忘れないインパクトと謎の中毒性。初心者でも自然に関連動画をクリックしてしまうほどバーチャルYouTuberには魅力があるのです。(見たことがない人はぜひこの機会に!)

キャプチャ画像(YouTube)キャプチャ画像(YouTube)

そんな、エンタメの世界で今一番目が離せない存在の彼・彼女らですが、なぜYouTubeに現れることになったのでしょうか。

気になることが多かったので、バーチャルYouTuberの中も“四天王”と呼ばれトップクラスの人気を誇る「輝夜月(かぐやるな)」さんにお話を聞いてみることにしました。

輝夜月
月(るな)さん、初めまして。ライターの長橋と申します。月さんは、2017年12月9日の動画投稿開始からわずか4カ月でチャンネル登録者60万人超え、Twitterのフォロワー数30万人超えという、ちょっと異常とも言えるスピードで人気になってますよね。
ありがとうごぜーます! もっと褒めて!
バーチャルの世界から人間界にやってきて、いきなりこのスピードというのは本当にすごいことだと思います。さすが“見るストロングゼロ”と呼ばれているだけありますね。
いやーありがとうございます! ってうるせぇな!
輝夜月
(動画で見たやつだ…)

輝夜月さんの生い立ちを探る

ではまず、月さんの生い立ちからお聞きしたいと思っております。月さんはバーチャルの世界からやってきたということなのですが、どこでどのようにお生まれになったのでしょうか。
竹の中! 143年前に竹の中から!
(!?)竹の中……。ということは、かぐや姫。あ、だから輝夜(かぐや)さんなんですね!同じバーチャルYouTuberのキズナアイさんや、ミライアカリさんとはお友達なんですか?
そうですね! 親分(編集部注:キズナアイさんの愛称)もみーちゃん先輩も友達! この前もみーちゃん先輩とは一緒に動画に出たし!

共演もできるんですね……!

ニューヨークのタイムズスクエアに出たい!!

ちょっと話を戻しますが、月さんはなぜYouTuberを目指そうと思ったのでしょうか。143歳からの挑戦って、人間界からするとすごいことだと思うんです。
親分の動画を見つけて「可愛いーーーー!」ってなったから! 衝撃的。それで自分もこれできるかもと思って。月も可愛いし! 面白いし!
確かに月さんのテンポの良さとか突っ込みのキレとか、そういった魅力はYouTubeの動画を見るととても伝わってきます。でも、月さんはタレントなわけで、テレビとかの他のメディアに出演ということもできそうですよね。
テレビも面白いんだけど、自分で編集できないですよね。YouTubeは自分の見せたいところは自分で作れて、カットもできるし!
月さんはご自身で編集もされているんですね……!
めっちゃ面白いこと言ったのにカットされたりとかしたら嫌だし!
すごい。でもそういう編集の技術って、どこで習得したのですか?
独学! いろんなYouTuberの動画を見てて、いろいろいじってみたら覚えたって感じですかね。
なるほど……先輩YouTuberに影響を受けているんですね。ちなみに月さんのようなバーチャル出身の皆さんは、人間と比べて出来ないこともあるとは思うのですが。例えば食レポとか……。
確かに人間界のご飯をバーチャルにそのまま持って来ることは今の所できないけど、でもいつかチーズのCMとかやってみたいですね! チーズのCM出たい!!
月さんはチーズがお好きなんですね。
好き! でもブルーチーズとかは臭くて食べれないからは無理……最近はチーズタッカルビが好きっすね!
僕もチーズが好きなので、気が合いそうです! ちなみにチーズのCMに出演、以外にも、挑戦したいものはあるのでしょうか。
いろんなところに旅行に行きたいかなー。日本以外の景色も見てみたい!
確かに月さんは、バーチャルの世界からYouTubeというプラットフォームを使って人間界に登場されているわけで、ニューヨークのタイムズスクエアのビジョンに登場することもできるわけですもんね。
そう! せっかくだからいろんな世界を見たいなって思う! 英語喋れないけどwww タイムズスクエアにも出たい!!
輝夜月
(バーチャルの世界では、日本語が母国語なのかな?)

輝夜月が視聴者のみんなをプロデュースする!?

月さんはTwitterを使っているということでしたが、普段どんな投稿をされているのでしょうか。
アップした動画を投稿したりとか? あとは活動を見てくれている人に突っ込んでますね!
なるほど! 結構コミュニケーションをされているんですね。その方達とは、どんなお話しをされるんですか?
この前、何をつぶやいても「好き」しか言わない人がいて、それに対して月が「お前好きしか言わねえな!」って言ったら、超喜んでて面白かった。そうやって絡んできてくれるのは嬉しいですね!
上下関係がないというか…。視聴者とはフラットに接しているんですね。
そう! だから見てくれている人も月のことを本当の友達だと思って喋ってほしいっすね。友達たくさん欲しい! 生放送とかもしてみたいし、みんながアバターになってバーチャルの世界に来てくれたらおもしろそうwww
そうしたら視聴者が月さんと一緒に遊べるかもしれないですね。
一緒に番組を持ったりとかしたら、めっちゃ楽しそう。みんなのことを月がプロデュースしたい! オーディション番組みたいなものをやって、良かった人を全力で宣伝する。ネットで輝けるチャンスみたいな。
おお。それはとても人気が出そうですね! 「バーチャルYouTuberプロデュースの人間のアイドル」なんて、響きだけでも新鮮です。
でしょー! もし何かみんなも月と一緒に「こんなことをやってみたい」ということがあれば、Twitterでリプして欲しい!
輝夜月さんのTwitterアカウントはこちらです。
何でも来いやー!
輝夜月

面白くないことを「面白い」って言いたくない

もう少し月さん自身のことについて伺おうと思うのですが、月さんはいつも何時ぐらいに起きているんですか?
あんまり決まってないですね! 前の日の夜によるかなー。結構YouTubeを見ちゃっていたら、その分寝ちゃうし。今日は13時半くらいに起きて、バタバタだった。二度寝してww
夜更かしタイプなんですね。朝ごはんは食べる派ですか?
食べない派!
僕も同じです! 好きなアニメとかはありますか?
おじゃる丸! あとクレヨンしんちゃん! ドラえもんとかコナンも好き。
なるほど、国民的アニメが好きなんですね。他に娯楽でいうと……ゲームとかはしますか?
好きだけど最近はあんまりしてないっすね! クソゲーは本当にイライラするから!
難しいゲームをプレイする動画だと実況する側は大変ですよね。ちなみにいろいろな動画をアップされている月さんですが、やりたくないことはあるのでしょうか。
面白くないことを「面白い」って言いたくない。
……それはちょっと、いや、かなり深いですね。
深いですか? 簡単に言うと、嘘をつきたくないっていうことかな。
たとえばゲーム実況だったら、やってみて面白くないと思ったゲームを面白いとは言いたくないとか。
そう! あ、あとたまに月の動画見た人に「あれヤラセだよね」って言われるけどヤラセじゃないから!
なるほど…。そんな143歳の月さん、将来の夢はなんでしょうか?
ピザのCMに出たい!
ピザのCM……ですか。(さっきはチーズのCMって言ってたのに)
「月ちゃんピザ」みたいな、そういうコラボとかできたらめっちゃ嬉しいっすね!
今年中に夢が叶うと良いですね。僕も陰ながら応援しています!

輝夜月は「デジタルタレント」

月さんにお話を聞いて個人的に思ったことは、「視聴者とのコミュニケーションを深くしたい」ということ。今までは人間界とバーチャルの世界は繋がりがなかったとも思いますが、バーチャルYouTuberの皆さんを橋渡しにして、今後は新しいコミュニケーションの方法が生まれていくと、またさらに世の中が豊かになっていくかもしれないですね。

最後に、仕掛け人のAOさんにもコメントをいただくことができました。AOさんには、輝夜月さんの今後のビジネス展開や展望を伺いました。こちらでご紹介します。

AOさんによると、月さんはプラットフォームにはこだわりはなく、今後YouTubeのみを戦場にするわけではないとのこと。いわば、タレントがデジタル化しただけなので、さまざまなメディアにでていくことを考えているのだそうです!! そして、デジタルタレントだからこそ、ゲームの世界に簡単に入り込めたり、VRの世界で視聴者の目の前に現れたりできる……。

最も制約・壁のないタレントとして、世の中にはばたく姿が見られそうです!

TEXT:長橋 諒

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ