FEATURE 2018.11.08 【マンガ】2008年と2018年の女子高生、モバイルアクセサリーはどう変化した!?

「十年一昔(じゅうねんひとむかし)」とはよく言ったもので、移り変わりが早い現代では、10年も経てばトレンドは様変わり。JKのトレンドとなるとなおさらです。今回取り上げるテーマは、2008年(10年前)と2018年(今年)の携帯電話(スマホ)のアクセサリーについてです。

登場するのは、2018年を生きる女子高生、みらいちゃんと2008年に生きる女子高生、かこちゃんです。

1521533328250_2

モバイルアクセサリーの変化

モバイルアクセサリーの変化

今のJKのモバイルアクセサリーの主流と言えば、スマホケース。手帳型を始め、比較的シンプルなデザインのケースが多い印象ですが、キャラクターをモチーフにしたものなど、なかには個性派も。また、見た目だけでなく画面割れ防止など、機能性も重視する傾向にあるようです。

10年前に遡ってみると、まだフィーチャーフォンを利用しているJKが多く、主流は携帯ストラップでした。もともとは落下防止のためのものだったのが、いつのまにかJKの間でお洒落アイテムに。全国各地のご当地ストラップをコレクションしたり、ジャラジャラと大量のストラップをつけてみたり。どちらかというと機能性は二の次といった印象。それぞれのやり方で携帯ストラップを楽しんでいました。

みらいちゃんとかこちゃんのように、仲の良い友だち同士でお揃いにするなど、コミュニケーションのきっかけにもなっていた携帯ストラップ。落下防止という機能の面では「?」な携帯ストラップもありましたが、当時のJKにとってはきっと重要な役割を果たしていたのですね。

いっぽうで、現代においても、スマホケースをお揃いにしたり、ツッコミ待ちでネタ系のケースを使用したりと、スマホケースをもとにしたコミュニケーションは健在の様子。今も昔も携帯アクセサリーは、JKのコミュニケーションにひと役買っているようです。

マンガ:さといも屋
TEXT:PreBell編集部

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ