TIPS 2017.11.21 LANケーブルの正しい選び方とは?メーカーが教える鉄則がこれ!!

プロバイダーも選んで、回線も選んだ、プランも決まって、ルーターも選んだ。それで完璧? LANケーブルはちゃんとしたものを選んでいますか? ルーターに付属しているLANケーブルや、古いLANケーブルを使いまわしたりしていませんか? 今回はサンワサプライ株式会社協力のもと、LANケーブルの正しい選び方についてご紹介します。

目次

LANケーブルにも種類がある!

LANケーブルを選ぶときに「どれも似たようなものだし、安いものでいいや」と、適当に選んでしまっていませんか? もしかすると、ネットが遅い原因になっているかもしれません。実は、LANケーブルには「カテゴリ」や「単線、より線」など、たくさんの違いがあるんです。

この記事では、LANケーブルの種類と特徴を実際のケーブルの写真や図表とともに一挙に紹介! 自宅のケーブルがどの種類なのかを確認し、最適なLANケーブルを選びなおすことで、今よりもよりよいネット環境を手に入れましょう。

1.通信速度で選ぶ

ネット上での動画視聴やオンラインゲームを楽しむには、安定したネット環境は必須! では、どんなところに注目すればLANケーブルの通信速度がわかるのでしょうか。

カテゴリの数字が大きいほど、速い機器に対応

カテゴリの数字と速度の図

LANケーブルは、「カテゴリ」と呼ばれる規格に分かれており、それぞれ通信速度・周波数が異なります。カテゴリは大きく7つに分かれていて、このカテゴリの数字が大きいほど通信速度・周波数が上がります。一点、注意すべきは数字の大きさに比例して、値段もあがるという点。選ぶ際は、どれくらい通信速度が出て欲しいのかなどを意識して、自身の用途に適したカテゴリを選ぶようにしましょう。

たとえば、「カテゴリ7A(速度10Gbps)」が最大の速さでネットを利用できます。人によっては、過去に買った「カテゴリ3(速度10Mbps)」のケーブルを使い続けているために、光回線自体の速度は1Gbps出ていても、LANケーブルの最大速度が10Mbps(0.1Gbps)ならば、ポテンシャルを十分に引き出せません。自宅のネット回線速度に不満を感じているのであれば、一度LANケーブルを交換してみるのも手かもしれません。

ネットで動画を視聴するならオススメは「カテゴリ6」!

カテゴリの数値と通信速度の関係性は分かったものの、LANケーブルの用途は人それぞれ。続いては、各カテゴリがそれぞれどんな用途に適しているのかをチェックしていきます。一般的には、業務用・家庭用共に通信速度が1Gpbsを超えてくるカテゴリ5e以降のケーブルがオススメなので、それよりカテゴリの数値が大きいケーブルを紹介していきます。

※表示価格は2017年11月時点のサンワダイレクト商品ページを参考

・日常使いから大量導入まで

カテゴリ種別:カテゴリ5e
通信速度:1Gbps
価格:1m〜15m / ¥180〜¥850
最適用途:「企業への大量導入」「ADSL」「光回線」
コストパフォーマンスに優れるのがカテゴリ5e。手ごろな価格で大量導入や、日常使いには十分なスペックを持っています。

 

・ネットを快適に利用したい方に

カテゴリ種別:カテゴリ6
通信速度:1Gbps
価格:0.5m〜15m / ¥250〜¥1,200
最適用途:「1GbpsのLAN配線」「ADSL」「光回線」
5eのケーブルと通信速度は同じですが、周波数が2倍以上になっています。周波数の数値が大きくなると、より多くのデータを転送することが可能になるので、快適にネットを利用したい方におすすめです。

 

・テレビやPCでネット利用をしたい方に

カテゴリ種別:カテゴリ6A(6e)
通信速度:10Gbps
価格:0.5m〜10m / ¥290〜¥880
最適用途:「液晶テレビやパソコンの接続」カテゴリ6A は500MHzまでの周波数に対応できるので、液晶テレビやパソコンに接続し、オンライン動画コンテンツなどを楽しみたい方に最適。

 

・業務用サーバーやオンラインゲームを利用する方に

カテゴリ種別:カテゴリ7
通信速度:10Gbps
価格:0.5m〜10m / ¥880〜¥3,280
最適用途:「業務用サーバーや基幹配線」「オンラインゲームなどの環境下でノイズや遅延が気になる方」「光ファイバーインターネット接続」最大の通信速度・周波数のカテゴリ7のLANケーブルは、現状のLANケーブルでノイズが気になる、1秒を争うオンラインゲームで、遅延をなくしたい、といった方におすすめします。また、高負荷がかかる業務用サーバーとの接続や基幹配線として使用すると安心です。

 

2.素材と形状で選ぶ

速度ではなく、LANケーブルを使用する環境や、他のケーブルからの干渉の有無などで選びたい! そんな時にはどうすればよいのでしょうか。

ケーブルの形もいろいろ。用途にあった素材や形状を選ぼう

続いては、ケーブルの形状、用途別におすすめのケーブルをご紹介。ケーブル自体の素材や形状が変わる事で、それぞれの特徴が変わります。LANケーブルを使いたい場所によって使い分けていきましょう。

・UTPケーブル(アンシールディッドツイストペアーケーブル)

UTPケーブル

LANケーブルの基本形状はこれ。外部の電波と干渉しないためのシールドがない構造で、芯線が2本の銅線をよりあわせて1本になっています。

・STPケーブル

STPケーブル

シールドで保護されており、ノイズに強いのが特徴。ネットワークが混線する環境におすすめです。

・2重シールドケーブル

2重シールドケーブル

STPケーブルよりもさらにノイズに強く、一定以上の速度で通信を行う際にケーブルの内部で発生することがあるエイリアンクロストークノイズにも対応。より安定感と高速通信を求める方におすすめです。

・PoEケーブル

PoEケーブル

Power over Ethernet-パワーオーバーイーサネット(電力線ネットワーク)に対応。データを送受信するためのLANケーブルを通じて、同時にPoE対応機器へ電力を供給することが可能。このケーブルがあれば、PoE対応機器の電源を確保する必要がなくなります。

・フラットケーブル

フラットケーブル

別名パスタケーブル。薄くて踏み付けに強いタイプなので、カーペット下などの隙間を通す際にオススメです。

・巻取りケーブル

巻取りケーブル

ケーブルをコンパクトに収納可能、携帯用ケーブルとしてオススメです。

・高屈曲ケーブル

高屈曲ケーブル

曲げや動きに強いケーブル。複雑な配線環境下にオススメです。

・屋外用ケーブル

屋外用ケーブル

外部は耐水性に優れた外被、内部はホイル加工を施していて、屋外での使用にオススメのケーブルです。

3.「単線」と「より線」の違いから選ぶ

ケーブル断面図

カテゴリや素材の他にもLANケーブルを選ぶ基準があります。それは「配線するときの長さ」です。太い銅線が8芯分入っている「単線」はケーブル自体が固く、曲げて使うことが困難ですが、その分安定した通信が見込めます。

一方、7本の細い銅線を8芯分寄り集めて作られている「より線」は、ケーブル自体がやわらかくとりまわしがしやすいですが、単線に比べると安定感に劣ります。

長い場合は単線、短い場合はより線が適している

どちらも一長一短で迷ってしまいますが、サンワサプライは基本的により線よりも丈夫で安定している単線をおすすめしています。ただし、柔軟な取り回しが必要で「配線したいLANケーブルの長さが5m以下」という条件であれば、より線でも大きな問題はないのではないかとのこと。

信頼できるブランドのものを選ぶことが大切

どのケーブルを選ぶか迷った場合は、使用したいLANルーター・無線LANルーターなどの規格を確認してみましょう。箱や説明書を捨ててしまった場合も、機種番号さえわかればネット検索で簡単に仕様確認ができます。「CAT5e対応」と書かれているのに「CAT3」のケーブルを使っていたのでは宝の持ち腐れです。

またサンワサプライさんによると、上位カテゴリの製品であるとうたっているケーブルの中にも、正しく製造されていない粗悪品が混ざっていることもあるとのこと。多少値がはっても、信頼できるメーカーの製品を購入することが、快適なネットライフの近道になります。

ケーブルの見直しでよりよいネット環境を!

安価なものも多く、また長く使えるため、PCやゲーム機が変わっても流用を続け、数年買い換えていないという方も多いのではないでしょうか。これをきっかけに、自宅のケーブルを見直してみることで、簡単かつ安価に快適なネット回線が手に入るかもしれません。ぜひ、お試し下さい!

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ