TIPS 2018.07.24 iPhoneの容量不足をサクッと解決。iPhone写真をPCに取り込む方法

iPhoneが進化し、高解像度の写真や4K動画を撮影できるようになった一方、どうしても起こりがちなのがスマホ内容量の不足です。ある日突然「ストレージの空き容量がありません」というメッセージが表示されて困ってしまった経験のある方も少なくないはず。そんな容量不足に陥らないように、こまめにMacやWindows PCに写真を取り込んでおきましょう。

iPhoneからMacに写真を取り込む方法

それではOS別にiPhoneの写真をPCに取り込む方法を見ていきましょう。まずはMac OSの場合です。iPhoneと同じAppleによって作られているMacはiPhoneと相性抜群。さまざまな取り込み方が用意されています。

iTunesに同期する方法

iPhoneリリース時から広く使われているのがこの方法です。

手順1. iPhoneに同梱されているUSBケーブルを利用して、Macと接続する。
手順2. iTunesを起動し、左側のメニューから「写真」タブを選択する。

iTunesに同期する方法

手順3. 「写真を同期」をチェックし、右下の「完了」ボタンをクリックする。
※同期する写真フォルダや、ビデオの同期をするかどうかも選択することができます。

iTunesに同期する方法

同期された写真は「写真」Appから確認できます。

iTunesに同期せずにMacに保存する方法

次はiTunesと同期せずに写真を取り込む方法です。「写真」Appを使いたくない場合や、特定のフォルダに写真を保存したい場合に有効です。

手順1. iPhoneに同梱されているUSBケーブルを利用して、Macと接続する。
手順2. 「イメージキャプチャ」Appを起動し、取り込みたい写真や動画を選択する。
手順3. 「読み込み先」から保存したいフォルダを選び、右下の読み込みボタンをクリックする。

iTunesに同期せずにMacに保存する方法

AirDropを活用する方法

ケーブルを使って接続することなく、ワイヤレスでデータをやりとりする「AirDrop」を使ってMacに写真や動画を取り込む方法です。iPhoneとMac両方のWi-FiとBluetoothがオンになっていることを確認しておきましょう。

手順1.  iPhoneの「写真」Appから取り込みたい写真を選択する。

AirDropを活用する方法

手順2. 左下の共有ボタンをタップする。

AirDropを活用する方法

手順3. AirDropの欄に表示されたMacをタップして送信する。

AirDropを活用する方法

AirDropで送られた写真は、Mac側の「ダウンロード」フォルダから確認しましょう。

iPhoneからWindows PCに写真を取り込む方法

次はWindows PCへの写真の取り込み方です。ここではWindows 10での方法を紹介します。

手順1.  iPhoneに同梱されているUSBケーブルを利用して、iPhoneとPCと接続する。
手順2. PCで「スタート」ボタンから「フォト」を起動する。

iPhoneからWindows PCに写真を取り込む方法

手順3. 「インポート」「USB デバイスから」の順に選択し、取り込む項目と保存先の場所を選び取り込む。

iPhoneからWindows PCに写真を取り込む方法

容量不足の予防やバックアップも兼ねて、定期的にPCに写真を取り込もう

以上、MacやWindowsにiPhone内の写真や映像を取り込む方法を紹介しました。バックアップも兼ねて、定期的に写真をPCに取り込んでおくと良いでしょう。

TEXT:PreBell編集部

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ