TIPS 2018.07.05 【Google フォトの使い方】無料で賢くスマホの容量を拡張するならGoogle フォト!

スマホで写真を撮ったり、アプリをダウンロードしたりしようとすると、突如現れる「空き容量がない」というメッセージ……。イライラしますよね。

容量を圧迫する原因は、多くの場合は画像や動画です。今回は、そんな写真や動画を「Google フォト」という画像・動画用のクラウドストレージサービスに保存し、スマホ本体の容量を確保する方法をご紹介します。

そもそもGoogle フォトとは?

Googleが提供する、画像・動画用のクラウドストレージサービスです。

1. 利用対象者
Googleアカウントを持つiOS、Androidユーザー(PC用アプリはありませんが、PCでもブラウザーからは利用できます)

2. プラン詳細(容量はGoogleドライブと共通に扱われます)

  • 無料:15GB
  • 月額250円:100GB
  • 月額1,300円:1TB
  • 月額2,600円:2TB
  • 月額13,000円:10TB
  • 月額26,000円:20TB
  • 月額39,000円:30TB

3. サービスの特徴
1600万画素以下の画像もしくは1080p以下の動画で圧縮保存する設定にすると、利用容量にカウントされない点が最大の特徴。よほど画質にこだわりがある人でなければ、実質無制限の保存容量と考えて差し支えありません。また、アップロードした画像を人物ごとに検索できるなど、Googleならではの検索機能も充実しています。

Google フォトの賢いポイント

いくつか存在する画像・動画用のクラウドストレージサービスの中でも、贅沢かつ賢いのがポイントです。
具体的にそれらのポイントをご紹介します。

ポイント1:画像、動画を自動でバックアップ → スマホ本体から削除して容量を確保できる

Google フォトを使うと、画像や動画を自動でバックアップできます。
それだけでなく、バックアップ済の画像や動画をまとめてスマホ本体から削除することができます。画像、動画によってスマートフォンの容量不足が発生しているときには、うってつけの機能です。後ほど手順を解説します。

ポイント2:自動で画像、動画が分類される「アルバム」機能

アップロードした画像、動画は、単にクラウドに保存されるだけではありません。撮影場所、被写体の種類、人物ごと等に自動で分類される「アルバム」機能が搭載されています。

【Google フォトの使い方】

膨大な画像を保存しても、これがあればしっかり管理できて安心です。

ポイント3:自動で画像、動画を加工してくれる「アシスタント」機能

分類してくれるだけでなく、例えば自動で画像の加工を提案してくれたり、画像から自動でスライドショー動画を作成してくれたりする「アシスタント」機能もあります。

【Google フォトの使い方】

なんとなく撮った写真がスライドショーになる。思い出をできるだけ見返して楽しい形で残したい。そんな希望にも応えてくれる便利な機能です。

ポイント4:画像や動画を簡単に共有できる「共有」機能

Google フォトにアップした画像や動画は、専用のリンクを知っている人だけが閲覧できる専用のページで、知り合いに共有することもできます(閲覧のためにアプリをダウンロードする必要はなし)。

【Google フォトの使い方】▲専用のURLを知っている人だけがアクセスできるページで写真を共有できる

また、画像や動画を閲覧するだけでなく、ほかの人と共同で1つのアルバムを作成できる「共有アルバム」の機能もあります。
思い出は自分のためだけに保存するだけでなく、友人や家族との共有もできると、なお嬉しいですよね。

Google フォトを使って、本体の容量を確保する手順

ここからは、Google フォトの基本的な使い方である、「画像や動画をGoogle フォトにアップロードし、本体の容量を確保する手順」を解説します。
ここではiPhoneで説明します。

手順1:画像や動画をアップロードする

Google フォトのアプリで、1度Googleアカウントにログインし、「バックアップと同期」を有効化すれば、あとは自動で画像と動画がアップロードされます。
「バックアップと同期」は、アプリの初回起動時にこちらの画面で有効化できます。

【Google フォトの使い方】

その後は、メニューアイコン>設定アイコン(歯車)>「バックアップと同期」メニューと進むことで、有効化できます。

18070501_pic_ex4
【Google フォトの使い方】

手順2:画像や動画を「最近削除した項目」に移す

すべての画像、動画のアップロードが完了すると、アプリのトップページ上部に「バックアップが完了しました」「空き容量を増やす」と表示されます。

【Google フォトの使い方】

ここで「空き容量を増やす」をタップすると、Google フォトにアップロード済の画像と動画が、まとめてiPhone内の「最近削除した項目」(PCでいう「ゴミ箱」のようなもの)に移動されます。

手順3:画像や動画を完全に削除する

「最近削除した項目」に移動された画像や動画は、まだスマホの本体容量を占有したままです。容量を確保するには、これらを完全に削除する必要があります。
iOSの「写真」アプリ>「アルバム」タブ>「最近削除した項目」に移動し、画面右上の「選択」をタップします。
完全に削除する画像や動画を選択し、画面左下の「削除」をタップします。確認メッセージが表示されるので、問題がないことを確認し、削除を実行します。

18070501_pic_ex6
【Google フォトの使い方】

まとめ:「写真がストレージを圧迫しちゃう」問題はGoogle フォトで解決!

Googleフォトを使えば、簡単に画像、動画をクラウドに保存でき、スマホ本体からは削除してしまうことができます。
容量不足にお悩みの方、ぜひ1度お試しください。

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ