ネットのギモン・お悩み

2019.02.19 パソコンを買い替える人必見!データ移行の正しい方法

新しいパソコンに買い替えたときに実施しておきたいことが、これまで使っていたパソコンからのデータ移行です。大切な写真や音楽データを新しいパソコンに移すだけでなく、各メーカーが用意しているデータ移行方法を使えば、アプリのインストールや初期設定を簡略化することもできます。それではパソコンのデータ移行方法について見てみましょう。

パソコンを買い替えるときのデータ移行方法

パソコン間のデータ移行方法は大きく2種類あります。1つ目は「HDDやSSDなどの外付け記憶デバイスを使う方法」、2つ目は「メーカー純正の移行ツールを使う方法」です。それぞれの特徴についてご紹介します。

HDDやSSDなどの外付け記憶デバイスを使う方法

HDDやSSDなどの外付け記憶デバイスを使う方法

外付けHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)を使うことにより、データを移行する方法です。
まずは移行元の古いパソコンに外付けHDDやSSDを接続し、そこに移行したいファイルをコピー。その外付けHDDやSSDを新しいパソコンに接続し、内臓のHDDもしくはSSDにコピーを行い、それぞれのデータを所定のフォルダに移動させれば移行が完了します。

ただし注意したいのは、この方法では写真や音楽データなどは移行できても、インストールしていたアプリは移動できないということです。アプリは新しいパソコンでインストールし直すようにしましょう。

メーカー純正の移行ツールを使う方法

パソコン間を接続してデータを移行するには、メーカーが提供している純正の移行ツールを利用します。それぞれのOSによって移行できる項目は異なりますが、外付けHDDやSSDではコピーできない項目も移行することができます。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

Microsoftが提供する「Windows 転送ツール」は、パソコンからパソコンへデータを移行することができます。移行できるデータは下記の通りです。

  • ユーザー アカウント
  • メール
  • 自分で作成した書類などのドキュメント
  • お気に入り
  • 音楽、ビデオ、写真
  • その他

データを移行する手順

Windowsを搭載したパソコンを使って「Windows 転送ツール」でデータを移行する手順を紹介します。

・新しいパソコンでの操作
まず、新しいパソコンでデータを移行するための操作を行います。

1.スタートメニューから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「Windows 転送ツール」の順に選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

2. Windows 転送ツールが起動されるので「次へ」を選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

3. 外付けSSDやHDD、もしくはUSBメモリを接続し「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」を選択する。
※USBケーブルを使ってパソコン同士を接続したり、ネットワーク接続を使ったり、クラウドサービスのOneDriveを活用した移行も可能です。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

4.「現在使用しているコンピューター]と表示されるので[これは新しいコンピューターです」の順に選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

5. 「Windows 転送ツールで、今までのコンピューターのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?」と表示されたら「いいえ」を選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

6. 「今までのコンピューターにWindows 転送ツールをインストールする必要がありますか?」と表示されたら「ここでインストールする必要があります」を選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

7. 転送ツールのインストール方法を選択する画面になるので、該当するインストール先を選択し、インストールを完了させます。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

・古いパソコンでの操作
次に、古いパソコンからデータを移行する操作を行います。

1.古いパソコンに先ほどの外付けSSDやHDD、もしくはUSBメモリを接続すると、ウインドウが開くので「Windows 転送ツールを今までのコンピューターにインストール」→「OK」の順に選択する。

2. Windows 転送ツールの画面が表示されるので、「次へ」→「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」の順に選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

3. 「これは今までのコンピューターです」選択すると、転送できるデータの確認が始まります。確認が完了したら、新しいパソコンに移行したいユーザーを選択し「保存」を選択します。

※転送するデータを選ぶことができます。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

4. パスワードの設定を求められるので任意のパスワードを入力し「保存」を選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

5. ファイルの保存場所をどこに保存するか表示されるので、先ほどの外付けSSDやHDD、もしくはUSBメモリを選択し、保存を完了させ、作業を進める。

6. 「このコンピューター上でのWindows 転送ツールの処理は完了しました」と表示されたら「閉じる」を選択し、先ほどの外付けSSDやHDD、もしくはUSBメモリを新しいパソコンに接続する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

・新しいパソコンでの操作
最後に、新しいパソコンに古いパソコンのデータを移行する操作を行います。

1.先ほどの外付けSSDやHDD、もしくはUSBメモリを新しいパソコンに接続すると自動的にWindows 転送ツールが開くので「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」を選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

2. 「現在使用しているコンピューター」と表示されたら「これは新しいコンピューターです」→「はい」の順に選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する
Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

3. 接続した外付けSSDやHDD、もしくはUSBメモリを選択し「Windows 転送ツール - 今までのコンピューターの項目」→「開く」の順に選択する。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

4.先ほど古いパソコンで設定したパスワードを入力し、転送したいユーザーを選択して「転送」を選択する。データの転送が開始。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

5. 「転送が完了しました」と表示されたら新しいパソコンへの移行は完了です。

Microsoftの「Windows 転送ツール」を使用する

データの転送方法

データの転送方法は、紹介したHDDやSSDなどの外付け記憶デバイスを使用する方法のほかに、パソコン同士をUSB接続する方法、ネットワークを使用する方法、クラウドサービス「OneDrive」を使用する方法があります。パソコンを2台並べる必要のないHDDやSSDを使用する方法が手軽でおすすめです。OneDriveを使用する方法もクラウドサービスを使うので簡単ですが、データ容量の上限が7GBという制約があります。

Appleの「移行アシスタント」を使用する

Appleが提供する「移行アシスタント」は、古いパソコンから新しいパソコンへのデータ移行を行う機能です。この機能はMacだけでなくWindowsパソコンからのデータ移行も可能です。移行できるデータは下記の通りで、全てのデータを移行することができます。

  • ユーザーアカウント
  • 設定情報
  • アプリケーション
  • そのほかのファイルおよびフォルダ

データを移行する手順

まず、「移行アシスタント」でデータを移行する手順を紹介します。ここではThunderboltまたはUSB3.0以上の規格に対応したUSB-Cケーブルで、Mountain Lion以降のOSを搭載したMac同士を接続する方法で移行していきます。

1.  (新しいMacでの操作)「アプリケーション」→「ユーティリティ」の順に開き、移行アシスタントを選択して開く。

Appleの「移行アシスタント」を使用する

2.  移行アシスタントを開いたら「続ける」を選択する。

Appleの「移行アシスタント」を使用する

3. 転送元のデータとして「Mac」を選択し「続ける」を選択する。

4. (古いMacでの操作)1,2と同様に移行アシスタントを開き選択。「別のMacに転送する」→「続ける」を選択する。

5. (新しいMacでの操作)1,2と同様に移行アシスタントを開き、転送元のデータとして「Mac」をクリックし「続ける」を選択する。

6. (古いMacでの操作)セキュリティコードが新しいMacに表示されているコードと同じであることを確認し「続ける」を選択する。

7. (新しいMacでの操作)使用するバックアップを選択し「続ける」を選択する。

8. 転送するデータを選び「続ける」を選択して、転送が終われば移行は完了です。

データの転送方法

データの転送方法には、上記で説明したThunderboltまたはUSB-Cケーブルを使用する以外の接続方法も存在します。

まず、Wi-Fiを使ってパソコン同士を接続する方です。この方法はケーブルを用意する必要なく、手軽に移行できるのがメリットです。しかし、パソコンの容量によって非常に長い時間がかかってしまうため注意が必要です。

そのほか、Macのバックアップ純正バックアップ機能「Time Machine バックアップ」を使ってデータを転送する方法もあります。転送元のパソコンを新しいパソコンの近くに準備できない場合は、この方法を使うといいでしょう。

データ移行の注意点

ここまで紹介してきた通り、パソコン間のデータ移行にはいくつかの方法が用意されています。しかし、それぞれのOSや方法ごとに移行できる項目が異なります。写真や音楽などの消えてしまっては困るデータは、外付けHDDやSSDにコピーし、その上で各メーカーが提供している移行ツールを使うのがオススメです。

また、クラウドを利用しての移行は速度面で他の方法に劣るため、もしもの時のためのバックアップとして意識しておくようにしましょう。

まとめ

写真や音楽、メールなど、パソコンには私たちの大切なデータがたくさん詰まっています。

新しいパソコンに移行するときにそんなデータを紛失してしまわないよう、一つの手段に頼るのではなく、複数の方法でデータの移行を行うよう心がけておくことをオススメします。

TEXT:PreBell編集部
PHOTO:Getty Images

So-net(ソネット)|ネットワークを届ける。感動が生まれる。|

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ