暮らしのネット活用

2019.07.04 【マンガ】2019年のJKに現金は不要!?この20年で変わった「お金」のカタチ

駅の改札やコンビニエンスストア、飲食店など、さまざまな場面で電子マネーが利用できるようになりました。

小銭でお財布がいっぱいになることもなく、お会計時にレジの前でもたつくこともなく、タッチするだけで支払いが完了する便利な電子マネー。日本で今後も普及していくことが予想されています。

1999年のJKと2019年のJKが登場し、インターネットによるライフスタイルの変遷を紹介する連載漫画企画。今回のテーマは「支払い方法の違い」についてです。

【JKのデジタルライフシリーズ】

2019年を生きる女子高生、みらいちゃんと1999年に生きる女子高生、かこちゃんです。

登場するのは、2019年を生きる女子高生、みらいちゃんと1999年に生きる女子高生、かこちゃんです。

支払方法の違い

支払方法の違い

私たちの暮らしに浸透している印象のある、電子マネーによるキャッシュレス決済ですが、実は海外と比較すると日本におけるユーザーのキャッシュレス決済の利用は遅れています。同じアジアの韓国が89.1%、中国が60.0%なのに対して、日本のキャッシュレス決済比率(ユーザーがお会計にキャッシュレス決済を利用する比率)はなんと18.4%(経済産業省『キャッシュ・レスビジョン』2015年)。

昔から海外と比べてクレジットカードの利用が盛んでなかったり、小切手の文化がなかったり、現金主義として有名な日本人。今でも1999年のJK・かこちゃんのようにお買い物は現金という人も少なくないようです。

調査結果によると、ユーザーがキャッシュレス化に反対する理由の第1位「浪費しそうだから」、第2位「お金の感覚が麻痺しそうだから」、第3位「お金のありがたみがなくなりそうだから」と、お金に対して慎重な国民性が起因していることがわかります(博報堂総合研究所「お金に関する生活者意識調査」2017年)。

いっぽうで、2020年の東京オリピックに向けて、政府はキャッシュレス化の推進を掲げています。漫画では2019年のJK・みらいちゃんが募金をできなくて困っていますが、今後キャッシュレス決済のための端末は個人店にも普及し、電子マネーやスマホで決済できるお店は増えていくことが予想されます。

キャッシュレス時代、お金との向き合い方もアップデート!?

今や私たちは、スマホやカード1つで外に出かけることも増えています。現金を持ち歩かなくなったいま、私たちはお財布ではなく、アプリやWebサービスを用いて自分のお金を管理します。これまでよりも、自分の個人情報やパスワードの取扱いには注意が必要になります。

ITの進化に合わせて、私たちのお金との向き合い方も進化させる必要があるでしょう。

TEXT:PreBell編集部
マンガ:さといも屋

So-net(ソネット)|ネットワークを届ける。感動が生まれる。|

この記事を気にいったらいいね!しよう

PreBellの最新の話題をお届けします。

ページトップ